世界中で1億人以上の男性に何らかのEDの症状が認められて、100億円市場といわれるED治療薬の実態

西洋医学ではどのようなED治療がおこなわれているのでしょう。

現状

現在、日本国内でのED推定患者総数約1130万人をはじめ、世界中で一億人以上もの男性に何らかのED症状が認められているといいます。

1999年3月23日に日本 でも「バイアグラ(クエン酸シルデナフイルごの販売がスタートし、今も多くの日本人男性がこの恩恵にあずかっていますが、これにともないEDの治療法がそれまでとは大きく様変わりしたのも事実です。

バイアグラについて

『EDの薬物処方マニュアル』 (木元康介、メジヵルビュー社)という一冊の医学書(おもな対象読者は泌尿器科や心療内科などの医師)がありますが、実質的にはバイアグラの処方マニュアルとなっています。ED治療の経口薬(内服薬)は、バイアグラに代表される「PDE5®阻害薬」 (これから詳しく説明します)しかないのです。

「バイアグラ(シルデナフイルごをはじめとして、現在では「レビトラ(パルデナフイル)」 「シアリス(タグラフイル)」などが次々に研究・開発され、さらに次世代薬としてアバナフイルが発売になる予定です。

ED治療薬市場

これらのED治療薬全体では100億円規模の市場といわれていますから、大量の薬が世の中に出回つていると推測されます。

なかでも先発組のパイアグラはそのおよそ半分のシェアを占めており年々増加傾向にあるよぅです。

ただし、これらの薬は保険の適用とはなつておらず、自由診療扱いであるために、いろいろな問題点もあります。それは、バイアグラを入手するには泌尿器科をはじめとする医療機関への受診を必要とする上に、一錠の価格が平均で1500円前後と高価なため、日常的に服用するのが容易ではないのです。

そのため個人輸入の手段や闇取引によるニセのバイアグラが横行していて、警察当局も取り締まりに全力をあげているですが、その成果はなかなか得られないのが現状のようです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*