曰常にあるEDの落とし穴を知っていますか?男性健康をサッポトするために紹介します。ご注意してください!

では、EDの約七割を占めている「心因性ED」の原因のひとつである、“ストレス”について見てみましょう。

医学的にストレスは「生体への欲求に対する生体の非特異な反応である」と定義されています。

つまり、ストレスは精神や肉体にとって自分の思い通りにならない、社会や環境などの要因に対する生理的な拒否反応であると考えられます。

具体的な例をあげると、セックスのときに彼女を悦ばせようとしたけれど自分の情熱とは裏腹に彼女がオーガズムを迎える前に射精してしまった場合、その体験が「セックスに対するストレス」として心に根強く残ってしまうことがあります。

そして、そのような体験を繰り返していくうちにセックスに自信が持てなくなり、セックスに対する不安やコンブレックスがEDの症状を加速させてしまうケースも少なくありません。

セックス以外の例では、たとえば仕事で失敗をして周囲からの信頼を失ない、自己嫌悪に陥ってEDになるケースなどがあります。

それでも果敢に気持ちを切り替えて名誉挽回に燃えることができればいいのですが、頭ではわかっていても心がどうしても萎縮してしまうのが人間です。

しかも男性の場合、精神的にまいってしまう、イコール情けない男という考え方が心に深く根づいているため、落ち込む自分を恥じる傾向にあるからよけいにややこしいのです。

「俺はまいってなんかいない!」と必死に自分に言い聞かせているところに、まるで精神 的にまいっていることを証明するがごとくEDになってしまうわけですから、そのショックは相当なものです。

でも、よく考えてみてください。精神的なことが原因でEDになってしまうことは恥ずべきことでしょうか?

EDになった事実を真正面から受け入れるのと同時に、EDが病気であることを自分で一日も早く認識することこそ、ED克服への一歩であると覚えておいていただきたいと思います。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*