一時的に精巣やペニスも毛細血管を収縮させることで、血管が拡張する効果を狙う(ED自己鍛錬技法3)

温冷水がけ性器強化法

お風呂から上がる前に毎回おこなってほしいのがペニス及び陰嚢に温水と冷水を交互にかけて刺激を与える療法です。

温水と冷水による温度差を利用して一時的に精巣やペニスも毛細血管を収縮させることで、血管があとで拡張する効果を狙うものです。

やり方

やり方はいたって簡単。温水と冷水をそれぞれ5、6回ずつ交互にペニスと陰嚢にかけます。もし冬の寒い季節であれば、いきなり冷たい水をかけるのではなくて最初はぬるめの水で次第に冷たくしていってもかまいません。

この性器強化法はEDの治療法となるだけでなく造精機能障害にとっても大変有効な精巣の強化方法です。

ですから男性不妊症の方にとってこの方法は、元気な精子を育てることのできる最も簡単で安上がりな対処法ともいえるでしょう。ぜひ毎日欠かさず続けてください。

*「温冷水がけ性器強化法」については古来、男性の強精法としておこなわれてきました。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*