女性の性感を増すことが男性にも大きな影響を及ぼすという話をしましょう。

パートナーの性感アップでEDも克服

铖灸治療を受けた女性患者さんが精神的にも肉体的にも健康になって性的にアクティブとなると、夫のほうにもそれまでのセックスに対する意識に大きな変化が生じてEDの症状が改善されることがあります。

まずはその実例をご本人が迸いてくださった体験談でご紹介しましょう。更年期障害(軽度うつ)に悩んでいた41歳の女性患者さんの、性に対する本音ともいえる体験談「“性”が充実すれば“生”も楽しい」からの抜粋です。

「鍼治療をした夜のセックスは、これまで得られなかったような快感が私の体を何度も駆け巡り幸せな気持ちに浸れました。心と体が健康になるということがこんなにもありがたいことだとはじめて知りました。

治療の回数を重ね夫とのセックスも頻繁になってくると、肌の色艶や顔の表情もよくなってきたのがわかります。最近では乳房もパンパンに膨らんで、乳首が硬く痛いように感じられる日もあったほどです。

ああ、もう一度かわいい赤ちやんを産みたい……と私は真剣に悩みました。自分が“ま だ産める”と思えることは大きな自信につながりました。

セックスで盛り上がった晚の翌日は夫は昼間から私にくっついてきて離れようとしません。いいセックスにはそれだけ男の人を虜にする力があるのだと思います。

それによって男性は以前より優しくなるし、女性はもっと自分を魅力的にしたいと願うようになるわけですから。こんなよい循環はないのでしょう。

セックスはダイレクトに「心と体が感動する」、そして男と女がそれを「分かちあえる」行為です。そして、いいセックスのことはいつまでもこころから離れません。生きているからこそ味わえる喜びなのです。

セックスが充実すれば、女性も男性も更年期なんて来ませんよ」という先生の言葉を信じて、夫とのナイトタイムを楽しく工夫しています。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*