EDに対する鍼治療のは具体的に話していきましょう!~鍼灸治療は“オーダーメイド”

鍼灸治療は“オーダーメイド”

では、ここからいよいよEDに対する鍼灸治療の具体的なお話に入っていきましょう。

体に何らかの不調が現れるとき、それがどこの症状であっても共通していることがあります。それは患部の「血流」が滞っている点です。

西洋医学的に病気の人の血流が良好であることはまずありません。それだけ血流というものは体内の機能を正常に維持する上でとても重要な役割を担っているのです。

EDの鍼灸治療においても、まず全身の血流を改善させ自律神経系に锄きかけて性ホルモンのバランスを正常な方向に“調整”していくことを基本としています。

病気を引き起こしている直接的な原因を強制的に抑え込んだり取り除いたりするのではなく、人間が本来持っている自然治癒力を高めるツボを刺激して、病気のせいで歪んでしまった体のバランスを整健康の回復をうながしていく。それこそが鍼灸治療の原点です。

西洋医学が病気の種類や病名に焦点を絞り込んで治そうとするのに対し、緘灸治療は“病人”に焦点を合わせて、その患者さんにとって一番よい健康状態を甦らせようとするところに東洋医学としての特色があります。

「〇〇病の人には、〇〇をすればいい」といった治療ではなく、患者さんの病状や体質にもとづいたオーダーメイド的な治療を緻密におこなうため、体に負担をかけるようなことはありません。

体に負担をかけるどころか、治療目的である疾患を治すために受けた緘灸治療の相乗効果で、その症状が完治する頃には治療対象ではなかったところの調子まで知らないうちに改善されることが多いものです。

たとえば、「昔からあった腰痛がいつのまにかなくなっていた」「花粉症の症状が軽くなった」「よく眠れるようになった」「肩こりがなくなった」「夜中にトィレに起きなくなった」 などということもよくあり、患者さんからそういったことを聞くたびに鍼灸治療の底力を再認識します。

また、鍼治療でEDが完治した方々の中にはセックスのときに射出される精液の量がEDになる前よりも明らかに多くなつたり、勃起時間にしても以前より圧倒的に長く維持できるようになったという例も少なくないのです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*