ケーゲル体操でオーガズムに満ちたセックスを

恋愛大国フランスでは出産後の性生活をより充実させるために「ケーゲル体操」を積極的に取り入れているようです。

もともと、この体操は産後の女性に多く見られる尿漏れの予防および改善に有効な治療方法として、アーノルド・ケーゲルという産婦人科医が考案したものです。膀晄や子宮などの臓器を支える骨盤底筋(外尿道口、膣口および肛門の周囲を8の字を描くように構成されているいくつかの筋肉群の総称)の働きが弱くなってくると尿漏れしやすくなり、ケーゲル体操はこの骨盤底筋を鍛える強化運動です。

盤底筋の中でも球海綿体筋と外肛門括約筋の働きは重要です。そして、外陰部周囲の神経はクリトリス、陰唇、膣、肛門周辺の刺激をキャッチしてその信号を脳中枢へと送っています。このような作用を有効に利用して、お尻の穴をキユッと締めることで外尿道口や膣口の締まり具合をよくしようという狙いがこのケーゲル体操にはあるのです。

セックスのとき女性の性的興奮がオーガズムにまで至ると膣内や骨盤底筋がリズミカルに収縮を繰り返すようになります。また、同時に膣の入り口が膨隆して狭くなったように感じるものです。すなわち、オーガズムを体感するためにはこの骨盤底筋の作用がぜひとも必要となります。

ですから、ケーゲル体操によって骨盤底筋を意識的に収縮させることによりオーガズム反射が促進されやすくなるのです。日頃から骨盤底筋を鍛えることはより上質なセックスを可能にする秘訣でもあるわけです。
なお、このケーゲル体操は男性にとっても有効です。特にEDの方でしたら射精感を大きくアップさせることができます。早漏にお悩みの方は射精しそうになったら意識的に肛門をキユッ、キユッと締めてみてください。効果抜群です。ぜひ実行されることをおすすめします。

ケーゲル体操のやり方はいたって簡単です。骨盤底筋を鍛えるには緊張と驰緩の動作をただ繰り返すだけでいいのです。具体的にはまず肛門を強く締め、そのあと一気にバッと力を抜くという動作です。一〇回を一セットとして一日に数セットおこないます。昼でも夜でも思い出したときで結構ですからやってみてください。なお、スクワットの姿勢でおこなうとより効果的です。

三日坊主で終わらせないように、最低でも一カ月間は続けてみましょう。ご夫婦で一緒にやれば効果倍増です。

このケーゲル体操のおかげで、それまで未経験だったオーガズムを得られるようになった女性もいらっしゃいます。実行あるのみです!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*