完治するまであきらめないで!

「EDが鍼で治るなんて信じられない!」

正直なところ、そう思っている方は多いことでしょう。月に何回治療するかといったペースはケースバイケースで、EDの改善には個人差がありますがこれまで来院されたED患者さんの中で何の変化もみられなかった方はひとりもいませんでした。ですから、どうぞ改善されている途中で治療をあきらめないでください。

現在EDで悩んでいる男性はみなさんが想像している以上にとても多いのです。その数は糖尿病の患者を上回るほどだといわれていながらも、実際に泌尿器科で治療を受ける男性はほんの一部でしかありません。そのためEDの臨床データを集めるのがとても困雛な状況にあり、EDの研究が思うように進まないのが現状です。

一般的に「鍼灸」というと腰痛や肩こりを専門とする治療と思われがちですが、実際には癌、膠原病、アレルギーなど慢性化する治りにくい病気全般にも大きな効果があり、その治療への信頼は年々高まっていて決して東洋のみでおこなわれている特殊な”術”ではありません。その証拠に、鍼灸治療は世界の伝統医学のひとつとしてWHO(世界保健機関)でも正式に認定され今日に至っています。

また、最近では西洋医学の現場でも鍼治療に関する医学的な研究や分析が本格的におこなわれるようになってきました。それと同時に、西洋医学の医師が患者さんに鍼治療をすすめるケースもずいぶん増えてきているのはとても喜ばしいことです。

病名で短絡的に治療方法を決めるのではなく、患者さんの容態や体質あるいは刻一刻と変わる病状を基本に、そして緻密に施術することを何よりも重視する鍼治療の信頼度はこれからもますます高まっていくでしょう。昔から西洋的な要素をうまく取り入れることを得意とする文化を持つ日本だからこそ、西洋・東洋それぞれの医学の良いところを生かした「患者さんのための真の医療」が確立されると信じています。

EDで悩む皆さんが意欲的にいろいろな治療にトライしてご自分に最適な治療法に出会い、一日も早くEDと決別できる日が訪れてほしいと思います。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*