なぜバイアグラは効くのか?

バイアグラ

まず、バイアグラが勃起障害の治療薬としてなぜ有効なのかを説明する前に、ペニスが勃起するメカニズムについて簡単にお話しましょう。

一般的に成人男性が性的な刺激を受けると、陰茎海綿体の細胞などから一酸化窒素が放出されて細胞内の「サイクリックGMP」という物質が蓄積されます。この物質が海綿体の平滑筋を緩ませ、流入する血液の量が増大してペニスが勃起するのです。

ところがその一方で、勃起現象を促進させるサイクリックGMPを分解してしまう「PDE5(ホスホジェステラーゼ5)」という物質があります。そこで、このPDE5の持つサイクリックGMPを分解する働きをストップさせるのが バイアグラというわけです。

意外と知られていないバイアグラの副作用

バイアグラにはその効果を発揮する過程で生じる副作用もあります。

先ほどお話しましたようにバイアグラはサイクリックGMPを分解する働きをストップさせるものであるため、全身の血行動態(血流)にも大きな影響を与え急激な血圧の低下を引き起こしてしまうことがあるのです。その結果、心臓の冠動脈疾患である狭心症や心筋梗塞をはじめ、脳動脈疾患を持つ患者さんがバイアグラを服用すると重篤な発作を誘発する危険性があることも指摘されています。

ですから、バイアグラの処方には医療機関での健康状態の検査が必須であり、薬歴、既往歴が重要視されています。そのため狭心症や心筋梗塞はもちろん、脳梗塞、脳出血、重度の低・高血圧症、糖尿病、肝硬変、網膜色素変性症など、特に毛細血管の病気がある場合には細心の注意が必要なのです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*