健康増進の秘訣

厚生労働省が発表した二〇一一年における日本人の平均寿命は男性が七九.四四歳、女性は八五•九〇歳と、女性の寿命が二十七年ぶりに世界一の座を明け渡しました。これは東日本大震災で多くの人々が亡くなったことが大きく影響したようです。それでも日本人の平均寿命は世界で女性が二位、男性は八位と依然として世界最高レベルにあります。

近年、日本人の健康への関心は一段と高まり、ただ単に長生きをするのではなく健康で質の高い生活、いわゆる「クオリティー・オブ・ライフ」の充実が一層強く求められています。

そのためには、①食べすぎないこと②適度な運動をすること③ストレスを上手に解消することの三つが健康を増進する秘訣です。前にもお話しましたが、江戸時代に『養生訓』を著した貝原益軒はそのブロッグの中で「食・息・動・考」つまり飲食、呼吸、身体運動および精神活動の調和が健康を約束すると説いています。

ではここからは、東洋医学における「健康に過ごすための秘訣」についてのお話をしましょう。どれも日常的に取り入れられる事がらばかりですので、ぜひ実践してみてくだささい。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*