「ハゲている人は精力絶倫」に根拠アリ?!

男性にとって、頭髪の悩みは深刻。最近は、「男性型脱毛症」を意味するAGA (AndrogerleticAlopecia)という言葉も、広く知られるようになりました。

世の中では、「ハゲている人は男性ホルモンが多くて、精力絶倫だ」などと言われることが多いようですが、これは、果たして本当のことなのでしょうか?

結論から先に言うと、まったく根拠がないわけでもありません。

「じゃあ、テストステロンがハゲの原因なの?」と思われるかもしれませんが、話はもう少し複雑です。

実は、テストステロンの一部は、5a—リダクターゼという酵素の働きを受けて、デヒドロテストステロンという男性ホルモンに変化します。この男性ホルモンは、テストステロンの何倍も強力なもので、筋肉増大や骨格発達を促し、前立腺、陰签、精巣などに働きかけることがわかっています。

しかし、このデヒドロテストステロンは、髪の毛根に作用し、髪が生え変わるサイクルを必要以上に速くしてしまうのです。このため、髪は十分な太さに育つ前に早い時点で抜けてしまい、そうした作用が繰り返されることで、頭髪が薄くなってしまう、というわけです。

概して、デヒドロテストステロンが多い人は、テストステロンも多い傾向にあるので、「ハゲている人は、男性ホルモンが多くて、精力絶倫だ」というのは、それなりにつじつまが合います。

ところで、AGAについては、最近はテレビコマーシャル等で、薬が盛んに宣伝されていますが、ここで、みなさんにぜひ知っておいていただきたいことがあります。

それは、AGAの薬は、頭髪に効くけれど、同時に、性欲が低下したり、生殖機能が落ちる、さらには記憶力が低下する可能性がある、ということです。

AGAの薬は、デヒドロテストステロンが作られないようにする、もしくは、減らす作用を持っています。デヒドロテストステロンは、陰茎や精巣、脳の海馬などにも作用していますから、AGAの薬を服用すると、髪は増えたとしても、そちらの機能が落ちてしまう可能性があるのです。もし、AGAの治療で薬を使う場合は、その点を頭に入れておくべきでしょう。

もうひとつ付け加えると、白髪については、男性ホルモンと直接関係はないと考えられています。ストレスがかかわっているともいわれていますが、白髪の原因について、科学的にはつきりしたことはまだわかっていません。

一説には、ビタミンDの不足が白髪につながるともいわれており、ビタミンDの生成には男性ホルモンがかかわっているので、ひょっとすると無関係ではないかもしれません。

今のところ、白髪を予防するには、規則正しい生活とバランスのとれた食事、ストレスを減らすなどの対応策しかないでしょう。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*