年だからと諦めていた「ED」も、テストステロンの仕業

男が、思わず自信をなくしてしまう瞬間、あるいは、「俺も年だな…」とため息をついてしまう瞬間とは、どんなときでしょう。

それはおそらく、勃起障害を経験したときではないでしょうか。

現在、勃起障害=ED(Erectile Disfunction)は、40代の約2割、50代の約4割、60代の約8割の方が、該当すると考えられています。EDというと、まったく勃起しない状態だと思っている方もいますが、そうではありません。本来、男性である以上、必要なときにはしっかり勃起し、ことをまつとうするのが健全な状態です。ですから、十分な硬さに至らない、勃起が続かずセックスがうまくいかない、いつもではないが、 そういうときがけっこうある、以上のいずれもEDになります。

当然、テストステロンは、EDとも深いつながりがあります。

まず、テストステロンが減ると性欲が減り、積極性がなくなるため、気持ちの問題に影響を与えます。しかし、問題はそれだけではありません。

男性が興奮すると、テストステロンの作用によって、ペニスの海綿体の神経や血管に一酸化窒素が出ます。これは、血管をしなやかに保つため、そして、血管を拡張させるために欠かせない成分です。テストステロンが低下すると、この一酸化窒素の出が悪くなり、ペニスの海綿体に十分に血液がいきわたらなくなってしまいます。

この場合、いくらやる気があっても、勃起力が足りずにことを果たせない、という結果に至ります。こういうことが続くと、男としての自信喪失につながり、気持ちも心も老け込んでしまうでしょう。

実際には、40代も後半になると、EDを経験しても、「年だし、仕方がないか」「きっとみんなも、こんなものだろう」と思われてしまう方も少くないようです。でも、先に述べた通り、健康な男性であれば、50代でも十分セックスは可能です。この点が改善することで、男としての自信と若さを取り戻す方はたくさんいるのです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*